大坂城内戦争遺跡

 現在、市民の憩いの場となっている大坂城公園ですが、かっては旧陸軍の管轄下に置かれ
ておりました。また、アジア最大の兵器工場であった大阪砲兵工廠があり、米軍による空襲を
受けました。
 大阪城の負の遺産について、紹介いたします。


天守閣です。





なかなかいい写真です。
しかし、大坂冬の陣の後、この堀を全て埋めた徳川家ってすごいです。
埋められた豊臣家も大ボケですが。(笑)


終戦直後の航空写真です。中央上側の大坂城周辺に多くの軍需工場が確認出来ます。



いい味ですね。



??????



タイムカプセルです。大阪万博の年に埋められました。5000年後の日本は・・・・?



城郭の石垣には米軍艦載機による機銃掃射の跡があります。




米軍機が投下した1トン爆弾により天守閣の石垣がずれました。
緑色は、銅瓦の緑青が雨で落ちたもので、爆弾とは関係ありません。



第四師団司令部跡です。最近まで、大阪市立博物館として使われていました。
戦後は進駐軍に接収されていました。




建築としてはなかなかの物です。



官営軍需工場であった大阪砲兵工廠の碑



旧正門詰所



旧化学分析場


砲兵工廠の溶鉱炉に人が落ちてしまい、この鉄の塊の中に入っているという話です。






トップへ
トップへ
戻る
戻る